アトピーの発症に遺伝が影響する?アトピーの症状・原因・遺伝子検査方法・予防方法まとめ

はじめに結論から申し上げますと、アトピーは遺伝による影響を受ける病気です。

この記事では、将来自分がアトピーを発症するのではないかと不安に感じている方、子どもに自身のアトピー体質が遺伝するのか心配されている方に向けて、アトピーの症状や原因、遺伝との関係性、予防方法などをご紹介させていただきます。

アトピーとは

アトピーとは正式にはアトピー性皮膚炎と呼びます。
アトピーは誰に起こっても不思議ではない皮膚にかゆみをともなう湿疹が発生する病気です。

日常生活の中には皮膚を傷つける様々な要因が潜んでいて、その要因に気づかずに生活を続けていくうちに皮膚にかゆみをともなった湿疹が引き起こされるようになります。

アトピーの患者数の推移を表したグラフ
アトピーの患者数は年々増加傾向にあり、厚生労働省の調査によると2002年は279,000人、2005年は384,000人、2008年は349,000人、2011年は369,000人、そして2014年には456,000人もの患者が存在している発症頻度の高い病気といえます。

アトピーの症状

アトピーの主な症状として挙げられるのがかゆみをともなった湿疹です。
特に、かゆみは慢性的なものではなく、憎悪と寛解(かゆみが強くなることと弱くなること)を繰り返すことが特徴として挙げられます。

アトピーを原因として発生する皮膚症状は年齢によって異なり、おおよそ以下のような症状を発症します。
①乳児期
顔や頭、首、前胸部に集中してゴマ粒大の大きさの小さな斑点が発生する。
②幼児期
乳児期の症状が残るケースもありますが、皮膚がカサカサになり、肘や膝に赤い発疹が出て引っ掻き傷が加わります。
③小児期
皮膚がカサカサで肘や膝の皮膚が分厚く硬くなり、淡い褐色の色素が沈着します。
④思春期
小児期から引き続き、皮膚がカサカサで肘や膝の皮膚が分厚く硬く、特に顔から首や肩にかけて乾燥した発疹が見られるようになります。
⑤成人期
身体全体の皮膚がカサカサで発疹が発生し、肘や膝の皮膚は分厚く硬く、首にはさざ波のような色素沈着が出現します。また、顔が全体に赤くなり、時々腫れあがってジュクジュクとした透明の液体(滲出液)を流すようになります。

なお、アトピーは幼児期から発症するケースが多く見受けられますが、近年では成人になってからアトピーを発症するケースも増えてきていますので、大人だからアトピーにならないとも言い切れません。

アトピーの原因

アトピーは遺伝的な要因と環境的な要因が合わさって発症する多因子疾患となります。

遺伝的な要因はアトピーの発症リスクに影響を与えます。
すなわち遺伝により体質的にアトピーになりやすいヒトがいたり、なりにくいヒトがいたりするわけです。

しかし、アトピーは遺伝により100%発症されるわけではなく、あくまでも遺伝というベースのうえに環境要因が合わさって発症しますので、例えば発症リスクが高い遺伝要因を持つ方でもアトピーを発症しない方もいらっしゃいますし、発症リスクが低い遺伝要因を持つ方でアトピーを発症される方もいらっしゃいます。

アトピーに関わる遺伝的な要因についての具体的な内容は後述いたしますのでここでは割愛させていただき、環境的な要因から見たアトピーの原因をご紹介させていただきます。
①皮膚の乾燥
乾燥した皮膚をそのままの状態にしておくと、唾液(乳児期や幼児期、小児期)や汗、衣服との摩擦や皮膚を掻いてしまうことなどによって皮膚の炎症が生じやすくなります。一度皮膚炎が生じると皮膚のバリア機能は低下し症状はどんどん悪化しアトピーを引き起こす原因となります。
②アレルギー
食べ物やダニ、真菌、犬や猫などペットのフケに対するアレルギー反応が皮膚の炎症を引き起こし、アトピー発症の原因となります。
③入浴品、化粧品
シャンプーやリンス、ボディソープなどの入浴品により皮脂が過剰に洗い落されると皮膚が乾燥しやすくなり、①と同様の理由でアトピーを引き起こす原因となります。また美容液などの化粧品なども皮膚に合わないものを使用すると、皮膚の炎症を引き起こしアトピーを発症する原因となります。
④ストレス
ストレスにより免疫機能が低下、ホルモンバランスが崩れると皮膚の新陳代謝がうまく機能せず皮膚が乾燥しやすくなります。皮膚が乾燥すると①と同様の理由でアトピーを引き起こす原因となります。

アトピーの発症リスクが遺伝する仕組み

アトピーの発症リスクが高くなるヒトは特有の遺伝子の構造(リスクアレル)をもちます。

そしてヒトは2つの同じ種類の染色体(相同染色体)をもっていますので、染色体の中に存在する遺伝子も同様に同じ種類の遺伝子が2つあり、『2つの遺伝子がリスクアレル>1つの遺伝子がリスクアレル>リスクアレルの遺伝子なし』の順番でアトピーの発症リスクが高くなる傾向にあります。

ヒトは生まれる際に遺伝によって両親から1つずつ同じ種類の染色体を授かりますので、同時にアトピーの発症リスクに関係する遺伝子も遺伝により両親から1つずつ授かることになり、アトピーの発症リスクは遺伝することを説明することができます。

上記のアトピーの発症リスクの遺伝現象をイラストで説明すると以下のとおりになります。
①父親が1つアトピーの発症リスクを高めるリスクアレル遺伝子(染色体)を持つケース
⇒50%の確率でアトピーの発症リスクを高めるリスクアレル遺伝子(染色体)が1つ子に遺伝します。
父親の1つのアトピーの発症リスクを高めるリスクアレルが子に遺伝する様子を示したイラスト
②父親が2つアトピーの発症リスクを高めるリスクアレル遺伝子(染色体)を持つケース
⇒100%の確率でアトピーの発症リスクを高めるリスクアレル遺伝子(染色体)が1つ子に遺伝します。
父親の2つのアトピーの発症リスクを高めるリスクアレルが子に遺伝する様子を示したイラスト
③父親と母親が1つずつアトピーの発症リスクを高めるリスクアレル遺伝子(染色体)を持つケース
⇒50%の確率でアトピーの発症リスクを高めるリスクアレル遺伝子(染色体)が1つ子に遺伝し、25%の確率でアトピーの発症リスクを高めるリスクアレル遺伝子(染色体)が2つ子に遺伝します。
両親の1つずつのアトピーの発症リスクを高めるリスクアレルが子に遺伝する様子を示したイラスト
④父親が2つ、母親が1つアトピーの発症リスクを高めるリスクアレル遺伝子(染色体)を持つケース
⇒50%の確率でアトピーの発症リスクを高めるリスクアレル遺伝子(染色体)が1つ子に遺伝し、残りの50%の確率でアトピーの発症リスクを高めるリスクアレル遺伝子(染色体)が2つ子に遺伝します。
父親の2つのアトピーの発症リスクを高めるリスクアレルと母親の1つのアトピーの発症リスクを高めるリスクアレルが子に遺伝する様子を示したイラスト
⑤父親と母親が2つずつアトピーの発症リスクを高めるリスクアレル遺伝子(染色体)を持つケース
⇒100%の確率でアトピーの発症リスクを高めるリスクアレル遺伝子(染色体)が2つ子に遺伝します。
両親の2つずつのアトピーの発症リスクを高めるリスクアレルが子に遺伝する様子を示したイラスト

アイコン「発症リスクの捉え方」

リスクアレル遺伝子はアトピーの発症を100%決定づけるものではありません。

遺伝子とアトピーの発症リスクの関係は統計的に調査されたものであり、リスクアレル遺伝子を持っているヒトはそうでないヒトに比べて統計的にアトピーの発症リスクが高くなる傾向が見られるという意味合いに留まります。

具体的にはリスクアレル遺伝子を2つ持っているヒトと、リスクアレル遺伝子を1つ持っているヒト、リスクアレル遺伝子を1つも持っていないヒトを大勢集め、それぞれのグループに分けてアトピーの発症率を調べると「リスクアレル遺伝子を2つ持っているヒトのグループ>リスクアレル遺伝子を1つ持っているヒトのグループ>リスクアレル遺伝子を1つも持っていないヒトのグループ」の順番でアトピーの発症率が高くなります。

一方でグループの中のひとり一人に着目すると、リスクアレル遺伝子を2つ持っているヒトでアトピーを発症されていない方もいらっしゃいますし、反対にリスクアレル遺伝子を1つも持っていないヒトでアトピーを発症されている方もいらっしゃいます。

以上の理由から、リスクアレル遺伝子はアトピーの発症リスクを高くする《傾向》があると理解することが大切です。

アトピーに関係する遺伝子の検査方法

※遺伝子検査サービス会社で実施するアトピーの発症リスクの具体的な評価方法はノウハウ(会社独自の技術)であり公表されておりません。
以下でご紹介する内容はVaDE(ゲノム情報データベース)やNBCD(バイオサイエンスデータベースセンター)等で公表されている内容を参照してゲノラボが独自にまとめたものであり、遺伝子検査サービス会社が実施する遺伝子検査の方法を説明したものではありませんのであらかじめご了承願います。

アトピーの感受性に関わる遺伝子は多く存在しており、単純にひとつの遺伝子だけでアトピーの感受性が決まるわけではなく、多くの遺伝子の内容が絡み合ってアトピーの感受性を決定付けています。
アトピーの感受性を評価するためには多数の遺伝子を検査していくわけですが、検査にあたっては該当する遺伝子の特定の箇所に存在する塩基を確認していきます。

ヒトは両親から2本の染色体を遺伝によって継承していますので、該当する遺伝子は2本の染色体に1つずつ、つまり同じ種類の対立する遺伝子を2つ保有しています。
したがって、検査にあたっては上記の2つの対立遺伝子の特定の部位に存在する塩基の種類を確認していきます。

具体的には以下のとおり8つの遺伝子を検査していきます。

⑴第2染色体に存在する遺伝子

第2染色体に存在するIL1RL1/IL18R1/IL18RAP遺伝子の特定の位置の塩基を確認することによりアトピーの感受性を検査します。
当該箇所に存在する塩基がチミン(T)かグアニン(G)かによってアトピーの感受性が変わり、グアニン(G)である場合はアトピーになりやすい体質、チミン(T)である場合はアトピーになりにくい体質と評価されます。
ヒトは両親から2つの対立する染色体(遺伝子)を継承していますので、2つの遺伝子の塩基の組み合わせで考えるとGG>GT>TTの順番でアトピーの発症リスクが高くなります。

⑵第3染色体に存在する遺伝子(その1)

第3染色体に存在するGLB1遺伝子の特定の位置の塩基を確認することによりアトピーの感受性を検査します。
当該箇所に存在する塩基がチミン(T)かグアニン(G)かによってアトピーの感受性が変わり、グアニン(G)である場合はアトピーになりやすい体質、チミン(T)である場合はアトピーになりにくい体質と評価されます。
したがって、2つの遺伝子の塩基の組み合わせで考えるとGG>GT>TTの順番でアトピーの発症リスクが高くなります。

⑶第3染色体に存在する遺伝子(その2)

第3染色体に存在するCCDC80遺伝子の特定の位置の塩基を確認することによりアトピーの感受性を検査できます。
当該箇所に存在する塩基がアデニン(A)かグアニン(G)かによってアトピーの感受性が変わり、グアニン(G)である場合はアトピーになりやすい体質、アデニン(A)である場合はアトピーになりにくい体質と評価されます。
したがって、2つの遺伝子の塩基の組み合わせで考えるとGG>GA>AAの順番でアトピーの発症リスクが高くなります。

⑷第6染色体に存在する遺伝子

第6染色体に存在するGPSM3遺伝子が含まれるMHC領域の特定の位置の塩基を確認することによりアトピーの感受性を検査できます。
当該箇所に存在する塩基がチミン(T)かシトシン(C)かによってアトピーの感受性が変わり、チミン(T)である場合はアトピーになりやすい体質、シトシン(C)である場合はアトピーになりにくい体質と評価されます。
したがって、2つの塩基の組み合わせで考えるとTT>TC>CCの順番でアトピーの発症リスクが高くなります。

⑸第7染色体に存在する遺伝子

第7染色体に存在するCARD11遺伝子の特定の位置の塩基を確認することによりアトピーの感受性を検査できます。
当該箇所に存在する塩基がアデニン(A)かグアニン(G)かによってアトピーの感受性が変わり、グアニン(G)である場合はアトピーになりやすい体質、アデニン(A)である場合はアトピーになりにくい体質と評価されます。
したがって、2つの遺伝子の塩基の組み合わせ考えるとGG>GA>AAの順番でアトピーの発症リスクが高くなります。

⑹第10染色体に存在する遺伝子

第10染色体に存在するZNF365遺伝子の特定の位置の塩基を確認することによりアトピーの感受性を検査できます。
当該箇所に存在する塩基がチミン(T)かシトシン(C)かによってアトピーの感受性が変わり、シトシン(C)である場合はアトピーになりやすい体質、チミン(T)である場合はアトピーになりにくい体質と評価されます。
したがって、2つの遺伝子の塩基の組み合わせで考えるとCC>CT>TTの順番でアトピーの発症リスクが高くなります。

⑺第11染色体に存在する遺伝子

第11染色体に存在するOR10A3/NLRP10遺伝子の特定の位置の塩基を確認することによりアトピーの感受性を検査できます。
当該箇所に存在する塩基がアデニン(A)かグアニン(G)かによってアトピーの感受性が変わり、グアニン(G)である場合はアトピーになりやすい体質、アデニン(A)である場合はアトピーになりにくい体質と評価されます。
したがって、2つの遺伝子の塩基の組み合わせで考えるとGG>GA>AAの順番でアトピーの発症リスクが高くなります。

⑻第20染色体に存在する遺伝子

第20染色体に存在するCYP24A1/PFDN4遺伝子の特定の位置の塩基を確認することによりアトピーの感受性を検査できます。
当該箇所に存在する塩基がチミン(T)かシトシン(C)かによってアトピーの感受性が変わり、チミン(T)である場合はアトピーになりやすい体質、シトシン(C)である場合はアトピーになりにくい体質と評価されます。
したがって、2つの遺伝子の塩基の組み合わせで考えるとTT>TC>CCの順番でアトピーの発症リスクが高くなります。

以上の8つの遺伝子に存在する特定の位置の塩基の組み合わせから、アトピーの発症リスクを計算していきます。

アトピーの初期症状・前兆

アトピーの原因は大きく「皮膚の乾燥によるもの」と「アレルギー反応によるもの」に分けることができます。
皮膚が乾燥すると皮膚がかさつき、皮膚がアレルギー反応を起こすと赤っぽくなります。
そして皮膚の乾燥やアレルギー反応はかゆみを引き起こしますので、
・皮膚のかさつき
・皮膚の赤み
・皮膚のかゆみ
以上のいずれかの症状を見つけた場合はアトピーの初期症状・前兆として疑いアトピーが発症しないよう予防に努めましょう。

アトピーの予防方法

繰り返しになりますが、アトピーを予防するためには「皮膚の乾燥」と「皮膚のアレルギー反応」を防ぐことが大事になります。
以下に簡単ではありますがアトピーの予防方法をまとめさせていただきました。
①入浴品や化粧品が肌に合わないと感じたら別のものに変えましょう。特に入浴品や化粧品の使用により皮膚にかさつきや赤み、かゆみが出ている場合は要注意です。
②ハウスダストによるアレルギー反応には注意しましょう。ハウスダストを抑えるためには小まめな掃除や換気、空気清浄機の使用などが有効です。
③ストレスを溜めないことも大事です。過度なストレスは肌トラブルの原因となります。

アトピーを発症させる原因は非常に身近なものが多いのでなかなか原因に気づくことが困難であることが特徴です。
アトピーの初期症状は皮膚のかさつき、赤み、かゆみの3点ですのでこれらの症状が出た時に、直近でアトピーを悪化させるような要因がなかったか(※)確認することでアトピーの予防に努めましょう。

※例えば、「シャンプーやリンス、ボディソープ、洗顔料を変えた」、「ここ数日掃除をしていない、布団を天日干ししていない」、「最近忙しく寝不足でストレスが溜まっている」などが考えられます。

おわりに

いかがでしたでしょうか。

アトピーは非常に身近な病気であり、また近年患者数が増加している病気です。
アトピーと遺伝子との関係を正しく理解いただき、遺伝的な体質だからしょうがないという考えではなく、遺伝的にアトピーになるリスクが高い体質であれば生活習慣を改善してアトピー発症のリスクを減らすことが大切です。

当サイトでは、遺伝の基本的なメカニズムから、遺伝がカラダやココロに与える影響まで様々な情報をご紹介していますので、お時間がありましたら別の記事もご覧いただけましたら幸いです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る