医療分野への応用

医学は生物学を基礎とした学問ですが、生物が遺伝子の働きにより形成されていることを鑑みると、生物学の基礎は遺伝学となります。

医学や生物学という分野においてヒトを含む動物や植物の形質の研究が進められてきましたが、遺伝学はそれらの形質の元となる遺伝的要因を探求する学問です。いうなれば、医学や生物学が数学・物理・化学とするならば、遺伝学はそれらの方程式・公式の役割を果たします。

医学が疾患を克服するためには、まずその根本原因を明らかにする必要があります。原因が解明されると、発症機構が明らかになるため治療法が開発されるのです。

つまり、遺伝学で明らかになった遺伝子と疾患の関係性の解明が進めば、その研究成果は医療分野に応用できるようになるわけです。

このページでは、遺伝研究を基礎とした医療分野への応用事例についてご紹介させていただきます。

出生前診断

出生前の胎児の染色体などを検査することにより染色体異常や遺伝性疾患の有無について診断することができます。

>>出生前診断

遺伝子検査

唾液や口腔粘膜を採取することにより、体質、性格の傾向や病気のリスクについて検査することができます。

>>遺伝子検査

ips細胞(準備中)

オーダーメイド医療(準備中)

遺伝子操作(準備中)

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る