三毛猫のオスは存在しない?遺伝子からみた三毛猫の仕組み

三毛猫とは

三毛猫はその名のとおり、3色の毛が生えている猫の総称です。

三毛猫の毛の色は一般的に黒・茶・白の3色となり、この3色が様々な配色パターンで発現することにより様々な外見的個性を持った三毛猫が存在します。

また、三毛猫はそのほとんどがメスであり、オスの三毛猫は滅多に生まれることはなく、その希少性は3万匹に1匹とも言われるほどです。

「猫が騒げばしけになり、眠れば天気平穏」という言葉があるように、猫はその昔航海に欠かすことのできない動物として重宝されていましたが、その中でもとくに希少性の高いオスの三毛猫を船に乗船させると絶対安全な航海ができるものと信じられ、高値で取引されていたという歴史もあるほどです。

三毛猫の毛色を黒色・茶色にする遺伝子

猫の毛色を決める遺伝子は数多く存在するのですが、このうち黒遺伝子と茶遺伝子はいずれもX染色体上にしか存在しません。

猫がオスとして生まれるかメスとして生まれるかはヒトと同様にX染色体とY染色体(性染色体)の組み合わせで決まっていて、この組み合わせがXYであればオス猫、XXであればメス猫として生まれます。

つまり、遺伝的な理論上、XYの性染色体の組み合わせを持つオス猫は黒色か茶色いずれかひとつの遺伝子しか持つことができないため、XXの性染色体の組み合わせを持つメス猫だけが黒色の遺伝子と茶色の遺伝子を両方持った三毛猫になることができます。

三毛猫の配色パターンを決める仕組み

一言で三毛猫といっても配色パターンは様々で、黒色が多かったり茶色が多かったりと、色々な外見的な個性を持った三毛猫が存在します。

この様々な個性を持った配色パターンを引き出す仕組みになっているのが、X染色体の不活性化という現象です。

ヒトにおいても同じことが言えますが、三毛猫のメスを構成するすべての細胞に含まれる2本のX染色体のうち、細胞ごとにランダムに選ばれた片方のX染色体が働かなくなる現象が起こります。

つまり、X染色体の不活性化という現象によって、黒遺伝子を持つX染色体が働く細胞が集まっている部分は黒色のぶちとなり、反対に茶遺伝子を持つX染色体が働く細胞が集まっている部分は茶色のぶちとなります。

三毛猫の配色パターンはX染色体の不活性化によって決まりますが、細胞の中でどちらのX染色体が働くかは細胞ごとにランダムに決まるものですので、例えば100%同じDNAを持った一卵性双生児の三毛猫や、クローン猫であっても配色パターンは異なります。

遺伝子的にオス猫は三毛猫にはなれない

オス猫の性染色体はXYという組み合わせですので、遺伝子的に正常なオス猫はX染色体を1本しか持たないため三毛猫になることはできません。

一方で、ごくまれに引き起こされる染色体異常により、XXYという三本の染色体の組み合わせをもったオス猫が生まれるケースがあります。

XXYという性染色体の組み合わせはヒトにおいても存在する染色体異常のひとつで、クラインフェルター症候群と呼ばれています。クラインフェルター症候群によってオスとしての生殖機能がないなどメスとしての機能が著しく発現する個体もありますし、普通のオスと変わりない個体もあります。

この染色体異常を持ったオス猫の場合は、2本のX染色体上に黒遺伝子と茶遺伝子がそれぞれひとつずつ入っていればメス同様にX染色体の不活性化という現象によって、三毛猫になります。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る