ワキガは遺伝の影響を受ける?ワキガの原因・耳垢との関係性まとめ

はじめに結論から申し上げますと、ワキガは遺伝による影響を強く受けます。

このページではワキガの原因や耳垢との関係性、ワキガと遺伝、すなわち遺伝子との関係性について説明させていただきます。

ワキガの原因はアポクリン汗腺

ワキガの臭いの原因は汗として体外に出された老廃物の臭いです。
なぜ臭う人や臭わない人がいるのかといいますと、汗腺の種類の違いが原因です。
人間の皮膚直下にはエクリン汗腺とアポクリン汗腺と呼ばれる2種類の汗腺が存在しています。

エクリン汗腺から出る汗の99%は水分で、残る1%にアンモニアなどの成分が微量に含まれているのに対して、アポクリン汗腺から出る汗の中には水分のほかタンパク質・脂質・糖質・アンモニア・鉄分などといった様々な老廃物が含まれており、これらの成分が皮膚に存在する常在菌に分解されることにより、あの嫌な臭いを出すわけです。

ちなみにアポクリン汗腺はワキの下や耳の中など限られた場所にしか存在しません。

アポクリン汗腺はすべての人に存在している汗腺で、ワキガの人はそうでない人に比べてアポクリン汗腺の数が多く、ひとつひとつのアポクリン汗腺が大きいなどといった発達をしているという体の構造上の特徴があります。

ワキガの人の耳垢は湿っている

上述したとおり、アポクリン汗腺はワキの下のほか、耳の中などにも存在します。

アポクリン汗腺から出る汗には様々な老廃物が含まれていますので、サラッとした汗ではなくドロっとした汗が出てくるということはイメージしやすいかと思います。

ワキガの方はそうでない方に比べてアポクリン汗腺が発達しているため、ワキの下だけではなく耳の中のアポクリン汗腺も発達している傾向にあります。

そうすると、耳の中でドロっとした汗が老廃物とともに出されることになりますので、耳垢はその汗の影響で湿ってしまい、これによりドロっとした耳垢となります。

したがって、ドロっとした湿性の耳垢の方はワキの下のアポクリン汗腺も発達しており、ワキガ傾向の方が多いということが分かっています。

ワキガと遺伝の関係性

遺伝研究により、アポクリン汗腺の発達に関係する遺伝子が第16染色体内に存在することが解明され、第16染色体内に存在するABCC11遺伝子内部の特定の部位に存在する1つの塩基の遺伝型(※)がアデニン(A)かグアニン(G)かによって耳垢が乾性になるか湿性になるかが決められていることが分かっています。
※人は第16染色体をそれぞれ父親から1本、母親から1本継承していますので、この2本の染色体に存在する遺伝子の特定の部位に存在するひとつの塩基の組み合わせのことを指します。

具体的には、父母由来の二つの染色体の特定の部位に存在する塩基の組み合わせがAAである場合は耳垢は乾性となり、GA・GGである場合は耳垢が湿性となります。
つまり、遺伝型にグアニン(G)がひとつでも含まれる場合は耳垢が湿性となり、塩基が2つともアデニン(A)である場合にはじめて耳垢が乾性となります。

つまり、メンデルの遺伝法則に当てはめた場合は、耳垢を湿性にする遺伝子が優性遺伝、耳垢を乾性にする遺伝子が劣性遺伝ということになります。

耳垢が湿性になるということはアポクリン汗腺が発達しているということですから、ワキの下のアポクリン汗腺も耳の中同様に発達している可能性が高く、それだけワキガになる可能性も高くなりますので、このABCC11遺伝子の特定の部位に存在する塩基がアデニン(A)かグアニン(G)かということが、ワキガになる可能性に影響を与えているということが説明できますので、ワキガは遺伝の影響を受けるということが説明できます。

おわりに

アポクリン汗腺が発達しているということは、それだけ体から老廃物を排出する機能が高いということでもありますので、臭いさえ気にならなければ決して悪いことではありません。

ただどうしても臭いが気になるという方につきましては、ワキガの原因はアポクリン汗腺にあるわけですから、ワキガの元凶であるアポクリン汗腺を除去する施術を受けられることをオススメします。
昔はメスでワキの下を切り開いてアポクリン汗腺を除去していましたが、現在ではワキに針を刺して、刺した針から出る熱によってアポクリン汗腺を破壊する新しい施述方法が主流となっており、昔と比べ施術のハードルはグンと低くなっています。

ワキガの原因はアポクリン汗腺にあることが分かっており、施術により確実に改善することができますので、病院のウェブサイトで費用や施述方法などを調べることから始めてみてはいかがでしょうか。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る